Iライン脱毛をして陰毛の嫌な悪臭をなくしましょう

Iライン脱毛をして陰毛の嫌な悪臭をなくしましょう

なかなか自分の臭いには気がつかないのですが、時々陰毛から嫌な悪臭を漂わす女性がいます。 陰毛の臭いは2種類あって、<わきが臭>と<カビ臭>です。 ここでは、Iライン脱毛をして陰毛の嫌な悪臭をなくす提案をしてみたいと思います。

わきが臭というのはそのものズバリの臭いです。 カビ臭は布製の傘を濡れたまま放置している臭いや服を部屋干しして失敗したときの臭いを想像してみましょう。 こういった臭いがしていても顔に近いワキでも本人が気づきません。 アンダーヘアともなると距離があるので尚更気がつかないのです。

では、どうしてこういった臭いが発生してしまうのでしょうか? 陰毛は下着や服によって密封されていますが良く動く部分です。 身体の中でも最も蒸れやすいゾーンになりますからアンダーヘアが濃いと雑菌や汗によって悪臭を生み出します。

陰毛をゴシゴシと洗うような女性は多くないでしょうし、多少洗っても臭いがアンダーヘアに染みついていて取れません。 このような悪臭の被害者になってしまうのは、パートナーであるご主人や恋人になります。

セックスのときには下着を脱いで行為を行いますので、こういったシーンのときに気がつくわけです。 「私は相手から臭いなんて言われた事がないから大丈夫」……そんな風に思っているかもしれませんね。 けれども男性の大部分は臭いに気がついても「臭い!」なんて言えないのです。 あなたが同性の友だちに「ワキが臭いよ!」なんて言えるでしょうか?

では、どのようにアンダーヘアの臭いを確認すればいいのでしょうか? 私が考えたチェック方法をご紹介しておきます。 入浴前に親指以外の4本の指を立てて指先と爪でアンダーヘアをゴシゴシと擦ってください。 そして、その指の臭いをかいでみましょう。

少しでもカビ臭やわきが臭がする場合は要注意だと思います。 人は自分の臭いには比較的鈍感ですからシビアに判断してください。 もしも、臭いがする場合はV・I・O脱毛を検討してみましょう。

iライン脱毛サロンに行ってデリケートゾーンの脱毛をしてアンダーヘアの長さや面積を減らしたり、細い陰毛にすることで臭いが軽減します。とりわけカビ臭は完全に無毛状態にすれば消えてくれます。近頃では視覚的なことのみならず衛生面や臭いからもデリケートゾーンの脱毛をする女性が増えているのです。


脱毛にかかる期間

エステやクリニックで脱毛をする場合、1度で全てが完了するというわけではなく、何度か通う必要があります。 毛には生え変わる周期というものがあるので、この周期に合せて何度か脱毛をしなければならないからです。 そのため、1ヶ月から2ヶ月ほどの感覚をあけて何度か通うことになります。

どれくらいの回数や期間通わなければならないのかというと、個人差が大きいので、実際にエステやクリニックで確認したほうがいでしょう。 毛周期はそれほど個人差がありませんが、毛の太さや濃さは人によって大きな違いがありますよね。 剛毛といわれる人に比べると、ムダ毛が薄い人のほうが通う回数が少なくて済むのは当然のことです。

何度か通っているうちに、徐々にムダ毛が目立たないようになってきます。 しかし、エステやクリニックで指示された通りに脱毛を続けなければ十分な効果が得られない場合もあるので、途中でやめることがないようにしましょう。

脱毛を検討している場合、毛の周期というものについても理解しておかなければなりません。 実は、毛というのは生えたり抜けたりということを繰り返しているのです。 髪の毛やワキ毛など、どの部分の毛でも同じことが言えます。 毛は、成長期、退行期、休止期を繰り返しているという特徴を覚えておきましょう。

つまり、今表面に見えているムダ毛をエステやクリニックで処理をしたとしても、肌の奥にはまだ眠っている毛があるということです。 これに合わせて何度か脱毛を行うわけですが、全てが完了するまでには半年から1年半ほどの時間が必要になります。

ただ、毎週通わなければならないというわけではないので、1ヶ月~2ヶ月に1回くらいならば時間を取ることができますよね。 エステやクリニックの中には、日中仕事をしている人のために、遅くまで営業しているところもあります。 自分が通える時間帯に営業しているところを選ぶということも、無理なく脱毛をするために大切なことなので事前に確認しておきましょう。

脱毛器の使い方~ビキニラインの形~

ビキニラインのムダ毛を処理する時に一番悩むのがその形ではないでしょうか。 ビキニラインというだけで処理するなら、逆三角形が一番しっくりくる形かもしれませんが、Tバックやその他のアンダーウエアの形状によっては、IラインやOラインに関しても脱毛する必要が出てくるかもしれませんね。

ビキニラインというのは馴染みがあるかもしれませんがOライン、Iラインとはどの部分を言うのでしょうか。 Oラインとはずばり肛門の周りのムダ毛であり、Iラインとは性器のまわりのムダ毛です。

このような場所を脱毛してもらうには考えるだけでも赤面してしまうため、モデルさんや特殊な職業の人以外はあまり脱毛する人もいませんでした。しかし、最近は衛生面からもハイジニーナという脱毛で性器全体をツルツルに永久脱毛する人もいます。

しかし、ツルツルにしてしまうと友人同士で温泉などに行った時に「ちょっと…」という人もいるため、そこまでツルツルにしなくてもある程度形を整えた状態でビキニラインを整える人がほとんどです。どうせなら美しいビキニラインを整えた方がいいということで、人気のビキニラインは

・トライアングル型(三角形)
・オーバル型(卵形、楕円形)
・Iライン型(長方形)
・スクエア型(正方形)
です。

トライアングル型は自然で、どんな下着にも隠れるラインとして人気の傾向にあります。 後はその形を少し大きめにとるか、小さめにとるかというところですが、恥骨の部分が隠れるくらいの大きさが非常にきれいなラインになると人気になっています。

脱毛サロンに行くとどのような形にするか聞かれますが、自宅でも簡単にできるビキニラインのテンプレートも売られています。 脱毛サロンで人気のアンダーヘアの型紙を自宅用に商品化されたもので、アンダーヘアの形見本のようなものです。

スタイルガイドから出ている毛をシェーバーなどで剃ります。 スタイルガイドを取りはずし残った毛をVライントリマーなどでカットするだけなので、失敗もなく簡単に自己処理できます。

毛抜き脱毛のメリットとデメリット

自宅で脱毛の自己処理をする場合、最も多いのがカミソリで剃るで、次に多いのが毛抜きやワックスなどで毛を抜くという処理方法です。 毛抜き脱毛の種類としては、「毛抜き」「電気脱毛器」「脱欧テープ」「ワックス」などがあります。

電気脱毛器を使用する場合、ヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を引き抜いていきますから、あらかじめ脱毛したい部分を5ミリ程度に短くカットしておくと巻き込みがなくスムーズに脱毛できます。

脱毛テープの場合、処理したい部分の毛の流れを整えておくことが大切です。 汗をかいたり水気が付いたりすると粘着力が落ちてしまうので注意が必要です。

脱毛ワックスの場合、処理したい部分のムダ毛をあらかじめ5ミリくらいにカットしてから溶かしたワックスをヘラでむらなく塗ります。 ワックスが完全に固まったのを確認してから毛の流れと逆方向へ一気にはがします。

毛抜き脱毛はどの方法でも肌に相当なダメージがあるため、アイスパックや冷やした濡れタオルなどで肌を冷やして鎮静化させることが大切です。 毛抜き脱毛のメリットは、カミソリなどで剃るより処理頻度も少なく、1ヶ月くらいはツルツルでいられるという点です。

また、コスト的にもお財布にやさしいというメリットがあります。 デメリットは、やはりどの方法でも「痛み」が付きものだという点です。 痛みを和らげるために毛穴の開いたお風呂上がりに脱毛する方法もありますが、それでも痛みはあります。

痛みがあるということは体に無理をさせているということですから、肌へのダメージも相当あります。 そのためトラブルとして「埋没毛」や「鳥肌」が起こりがちになります。 埋没毛は、毛を抜く時に途中で切れてしまって、毛根が残った状態で皮膚の外に出られなくなり、皮膚の中で成長してしまうものです。

鳥肌は、毛を抜く時に皮膚もいっしょに引っ張られ、毛が抜けた後もそのままの状態になってしまうことで起こります。 このように毛抜き脱毛は、お手軽な半面、肌トラブルを起こしやすい脱毛方法といえそうです。

↑ PAGE TOP